税関密輸出の取締強化を クルーズ船増加で対策議論

2019年度沖縄地区税関密輸出取締対策先島地区協議会=5日午後、石垣港合同庁舎

 2019年度沖縄地区税関密輸出取締対策先島地区協議会(会長・宮城吉和石垣税関支署長)が5日午後、石垣港湾合同庁舎で開催され、関係機関9機関が参加し、最近の密輸動向、各関係取締機関の実態及び今後の取締対策等について議論した。同協議会は先島地区の密輸入の防止・摘発に関する対策を目的として開かれ、今回で20回目。
 宮城支署長はあいさつで「今年は石垣港に過去最高の160隻クルーズ船の入港が予想されており、来年も増加傾向。来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてこれまで以上に危機感を持ってテロ対策を強化したい」と述べ、「消費税増の脱税を目的とした金の密輸のほか不正薬物など密輸事案」について言及し、取り調べ強化の必要性を指摘した。
 那覇地検石垣・平良支部長の中山健一検事は「税関の使命として円滑な貿易の推進があるが、沖縄県では外国人観光客入港の際に無用なストレスのないスムーズで適正な検査を行うことが重要」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では25日…
  2.  石垣市は25日までに、新型コロナウイルスの影響で失業・休業した観光関係者を短期アルバイトとして雇用…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…
ページ上部へ戻る