年末年始も安全に 海保、特別警戒と安全指導開始

海上事故防止を呼び掛けるパンフレットを配布する海上保安官=10日、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

 石垣海上保安本部(花井宏泰石垣海上保安部長)は10日、年末年始の船舶交通の安全確保、海上における事故、犯罪の未然防止及びテロ対策に向け「年末年始特別警戒及び安全指導」を開始した。来年1月10日まで。
 10日午前、浜崎船艇基地で花井部長から出動命令があり、ユーグレナ石垣港離島ターミナルでは海上事故防止を呼び掛けるパンフレットをフェリー事業者や観光客などに配布した。
 花井部長は「石垣海上保安本部には八重山の海の安全安心を守る大きな使命がある。八重山の皆さんが安心して年末年始を過ごせるよう一丸となって取り組んでもらいたい」と述べた。
 期間中は警戒活動として海上保安官がフェリーに乗船し、船内の警戒や乗下船者の確認、フェリーの総安全点検などを行う。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  県立八重山病院の松茂良力副院長は29日、石垣市で新型コロナウイルスの市中感染が拡大しているとの認識…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が昨年6月、沖縄県沖に墜落した事故で、米側はパイロ…
ページ上部へ戻る