生産量は7万7992㌧見込む 石垣島製糖 操業始まる

操業の安全を祈願し、一斉にサトウキビの束を投げ入れた=12日午後(石垣島製糖提供)

 石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)は12日、構内で2019/2020年期の製糖開始式を開いた。製糖終了日は来年3月18日を予定している。同社資料によると今期の原料収穫面積は1300㌶(前期比87㌶減)で前期に比べ6・2%減少し、原料生産量は7万7992㌧(同1万2108㌧減)を見込む。
 今期は機械刈原料比率が85%と、前期の83・7%から1・3ポイント上昇している。
 松林社長はあいさつで、「(長雨の影響で173日という)前期の長期の製糖期間の影響から整備期間は平年と比較して約1カ月の短縮となったが、社員の頑張りで整備計画通りに実施できた」と強調。新工場建設について「島にとっては極めて重要かつ公共性の高い施設。県・国からの援助を期待する」と話した。
 多宇弘充取締役農務部長は「サトウキビの出来は例年より上回っている。台風の被害も数なかった。比較的栽培期間が前期より長くなったが、天候には恵まれた」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は11月30日開会した市議会(平良秀之議長)12月定例会に、児童生徒に1人1台のタブレット端…
  2.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張した問題を受け、石垣市議会は…
  3.  見たいようにしか見ていない。分かりたいようにしか分からない。最近改めて感じている理(ことわり)であ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は13日、黒糖(含蜜糖)の品質に優れたサトウキビの新品種「RK03―3010」を開発し、竹富町波…
ページ上部へ戻る