辺野古、土砂投入から1年 県抵抗、国姿勢変わらず

会見する玉城知事=13日午前、県庁

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で政府が土砂投入を始めて14日で1年。辺野古移設に抵抗する県と、移設を進める国の姿勢は変わらず、対立は膠着(こうちゃく)状態が続く。その間も埋め立ては着々と進み、防衛省沖縄防衛局によると、1年前に土砂投入を開始した区域では11月末時点で約7割が埋まった。
 埋め立てる海域全体の面積は約160ヘクタールで、昨年12月に投入を開始したのは、海域南側の護岸で囲まれた約6・3ヘクタールの区域。今年3月からは西隣の約33ヘクタールの区域にも投入し、1割程度埋まった。
 県は昨年8月、埋め立て承認を撤回した。沖縄防衛局が同年10月に行政不服審査法に基づく審査請求などを申し立て、国土交通相は今年4月、撤回を取り消す裁決をした。県は裁決取り消しを求め、7、8月に2件の訴訟を起こして国と係争中だが、土砂投入は止められていない。県政与党からも「県は有効な対抗策を示せていない」(幹部)と不満が漏れる。
 玉城デニー知事は13日の記者会見で「民意を無視して土砂投入を強行するのは、民主主義を踏みにじり、地方自治を破壊する行為だ。工事が進められても県民が諦めることは絶対にない」と反発を強めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」が30日午後、石垣…
ページ上部へ戻る