島の陸・海・空を眺望 「頑張っている姿、改めて実感」 自衛隊石垣出張所

㊧機内のドーム型窓から見えるヘリ外側面と島の風景(松堂さん提供)㊨CH―47JAからの眺めの喜びを母親に伝える汐友さん=14日、石垣島上空

 自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(反橋寛之所長)が14日午前、新石垣空港でヘリコプター体験搭乗を実施した。八重山郡民75人が参加し、約300メートルまで上昇した陸上自衛隊第15ヘリコプター隊の輸送ヘリCH―47JA内から石垣島の陸・海・空を眺望した。
 自衛隊の仕事内容や安全搭乗の説明を受けた参加者らは25人ずつに分かれて搭乗。トランスミッション(動力伝導装置)の大音量がとどろく中、防音具「イヤーマフ」を装着し窓の外を眺めたり、スマートフォンで風景を撮影したり、コックピットを背に記念撮影したりと、約20分のフライトを堪能した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を14日付で解除。21日から全ての業種で休業要請を解…
  2.  新型コロナウイルス感染拡大で石垣市の4月の事業所向けの営業用使用量が前年同月より40%近く減ったこ…
  3.  29日告示、6月7日投開票の県議選で、立候補を表明している無所属現職、次呂久成崇氏(46)=共産、…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る