八重高女子ソフトテニス 全国初出場

試合後、笑顔を見せるメンバー。(右手前から)仲本こころさん(15)、平得倖菜さん(16)、岡田茉莉那さん(16)、吉川小百合さん(17)。髙嶺心萌さん(16)(右奥)、加那原さん=14日夜、県総合運動公園庭球場

 第49回九州高校新人ソフトテニス競技大会(第45回全日本高等学校選抜ソフトテニス競技大会九州地区予選会)が14日、沖縄市の県総合運動公園庭球場で開催された。八重山高校は団体戦女子の部に沖縄県代表として出場し、5位に入賞。初となる春の全国選抜大会の出場を決めた。
 九州大会の団体戦は、総当りのリーグ戦で予選を行い、勝ちあがったチームが1、2位決定戦、3、4位決定戦を行い、順位を決める。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に再三の抗…
  2. 玉城デニー知事は19日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染が年明けから再び拡大し、医療崩壊の…
  3.  県立八重山病院の松茂良力副院長は29日、石垣市で新型コロナウイルスの市中感染が拡大しているとの認識…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  政府が尖閣諸島などの関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・虎ノ門地区に移転し、面積を現在の…
ページ上部へ戻る