シマムニの保存継承に 島言葉で7人が発表

各自の島のシマムニを発表した発表者の皆さん=14日、竹富小中学校体育館

 貴重な文化遺産であるシマムニ(島言葉)の保存継承を目的に「第1回シマムニ発表会」(主催・竹富町、竹富町教育委員会、共催・竹富町シマムニ普及促進部会)が14日午後、竹富小中学校体育館で開催され、集落などの代表者7人がシマムニを使って発表した。 波照間の親盛美智子さん、小浜の入羽一男さん・大盛聰さん、竹富町役場代表の中井カンナさん、黒島の又吉英伸さん、古見の高松俊巴さん、上原葉さん、祖納の前大用安さん、竹富の内盛美生さんの7人がそれぞれシマムニに対する思いや童謡、寸劇など多彩なテーマで発表した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2020年度八重山地区学力向上推進講演会(主催・八重山地区学力向上推進委員会)が28日午後、八重山…
  2.  「米国は戻ってきた」―。大統領選で当選確実になったバイデン前副大統領が演説で高らかに宣言した。「ア…
  3.  県産業政策課は27日、波照間島で風力発電2基を活用し10日から14日まで、約100時間連続で電力供…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る