中国語スピーチコンで入賞 八商工の玉城、高良さん

玉城さん(右)と高良杏さん=18日午後、八重山商工高校

 第23回全国高校生中国語スピーチコンテスト(主催・京都外国語大学)がこのほど行われ、八重山商工高校1年の玉城万夕(まゆ)さんが初級の部で5位の高等学校中国語教育研究会賞、同校2年の高良杏さんが6位の審査員長奨励賞を獲得した。
 初級の部では課題文を朗読、中級の部では課題文を暗唱し、発音などの優劣を競う。
 玉城さんは「練習よりうまくでき、3位以上にいけると思った。悔しかった」と話しながら「来年出場してリベンジを果たしたい」と雪辱を誓った。将来は通訳になるために英語と中国語の習得に力を入れているという。高良さんは「全国大会の中級レベルは思ったよりレベルが高く、6位の結果を残せて良かった。来年も出場して今年よりいい結果を残したい」と意気込んだ。将来は石垣島で観光関係の仕事を希望している。
 コンテストは12月14日に京都外国語大学で開催された。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  県立八重山病院の松茂良力副院長は29日、石垣市で新型コロナウイルスの市中感染が拡大しているとの認識…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る