札幌法人とIT交流協力 今井会長(石垣出身)が協定覚書調印式 関東沖縄IT協

関東沖縄IT協議会の今井会長(右)と、一般社団法人さっぽろイノベーションラボの石田代表理事

 IT企業に勤務する沖縄出身者が互いの資質向上や協業を目指す関東沖縄IT協議会(通称KOI・今井恒子会長)は16日、札幌市で同市に拠点を置く「一般社団法人さっぽろイノベーションラボ」(石田崇代表理事)と、交流及び発展のための協定覚書調印式を開いた。
 石垣出身の今井会長をはじめ、端山浩幸名誉会長、岡田康広・大城宜哲両副会長の4人が出席した。札幌市内でIT企業を経営する沖縄出身の久高秀盛さん(HAJエンパワーメント代表取締役)が、関東の沖縄県出身IT事業者たちと交流したのがきっかけ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  11日の県議会最終本会議では、中国公船による領海侵入に関する意見書も審議され、全会一致で可決された…
ページ上部へ戻る