幼児教育班(仮)設置へ 県、総合教育会議を開催 虐待防止条例も議論

会議の終了前にあいさつする玉城デニー知事(中央奥)=19日午後、県庁

 県は19日午後、知事や関係部局、教育委員会が教育振興を目的に重点施策を議論する総合教育会議を開催した。教育や保育に関する施策を総合的に実施する幼児教育班(仮称)を県庁に設置し、関係機関の連携強化や指導計画を助言する幼児教育アドバイザーを非常勤職員として配置することを明らかにした。県が制定を目指す児童虐待防止条例の概要も説明した。
 会議では、幼児教育の質を高める目的から幼児教育・保育連携推進プロジェクトチームを7月に県庁内に設置したことが報告された。それを受けて2020年度から5年間の子ども・子育て支援基本方針である「黄金(くがに)っ子応援プラン」に基づき、幼児教育センター機能となる幼児教育班(仮称)を県教育庁に設置。子ども生活福祉部が行う幼稚園や保育園、認定子ども園の職員への研修業務を移管する。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナの影響で開催への動向が注目されていた「第56回石垣島まつり2020」が、11月8日に開催…
  2.  特定外来生物「ツルヒヨドリ」の拡散を早期に防除しようと、環境省石垣自然保護官事務所、石垣市、県立バ…
  3.  竹富町の西表島東部の町立交流センターの利用実績が振るわず、赤字運営が続いている。町教委は立て直しを…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)の要請団6人が上京し、6、7の両日、クロマグロの漁獲枠拡大や米軍普天間飛…
ページ上部へ戻る