幼児教育班(仮)設置へ 県、総合教育会議を開催 虐待防止条例も議論

会議の終了前にあいさつする玉城デニー知事(中央奥)=19日午後、県庁

 県は19日午後、知事や関係部局、教育委員会が教育振興を目的に重点施策を議論する総合教育会議を開催した。教育や保育に関する施策を総合的に実施する幼児教育班(仮称)を県庁に設置し、関係機関の連携強化や指導計画を助言する幼児教育アドバイザーを非常勤職員として配置することを明らかにした。県が制定を目指す児童虐待防止条例の概要も説明した。
 会議では、幼児教育の質を高める目的から幼児教育・保育連携推進プロジェクトチームを7月に県庁内に設置したことが報告された。それを受けて2020年度から5年間の子ども・子育て支援基本方針である「黄金(くがに)っ子応援プラン」に基づき、幼児教育センター機能となる幼児教育班(仮称)を県教育庁に設置。子ども生活福祉部が行う幼稚園や保育園、認定子ども園の職員への研修業務を移管する。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る