通信障害、県が謝罪 市町に再発防止策説明

通信障害で県の責任を指摘し、再発防止を求める意見書を宮城企画部長(左から2人目)に手渡す平良議長=20日午後、市議会

 9月末に石垣市、竹富町で発生した大規模通信障害を受け、県の宮城力企画部長らが20日、石垣市役所と竹富町役場を訪れ、中山義隆市長、西大舛高旬町長らに謝罪。再発防止策を説明した。通信障害から2カ月以上経過しているが、市議会12月定例会で県の責任を指摘する意見書が可決されたため、急きょ、宮城企画部長が来島した。
 県などによると、9月28日午前10時16分ごろ、県道与那国島線で、県の委託業者が除草作業中、NTTの中継ケーブルを誤って切断した。事故はNTTから県に報告されたが、県から市町に対する連絡はなかった。
 切断された中継ケーブルは、沖縄本島から多良間島、与那国島、波照間島、西表島を経由して石垣島に入るルート。これとは別に沖縄本島から宮古島を経由して石垣島に入るルートもあったが、台風18号の影響で9月30日午後9時45分ごろ、石垣島内の中継ケーブルが損傷した。2系統のルートが同時に使用不能になったことが約11時間の大規模通信障害を招いた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る