笑顔のタスキつなぐ ライブ楽しみ250人が走る 石垣島リレーマラソン

チームメイトや家族らと一緒にゴールした自衛隊石垣出張所チーム=21日、石垣市中央運動公園陸上競技場

 第5回石垣島リレーマラソン(主催・同実行委員会)が21日午後、石垣市中央運動公園陸上競技場で開かれた。ソロの部、一般の部、ファミリーの部、スクールの部の4部門に団体33組、ソロ出場7人の約250人が参加し、会場内に設営された特設ステージの生ライブを聞きながらマラソンを楽しんだ。
 リレーマラソンは1㌔の周回コースをチーム(最大10人)でタスキをつなぎ42・195㌔を走るレース。個人出場はハーフの21㌔を走った。
 リレー1着でゴールした自衛隊石垣出張所チームの反橋寛之さん(33)は「ふだんから体を鍛えているので優勝を狙うつもりで出場した。参加した7人全員がベストを尽くし、良い結果が出て良かった」と喜びを語り「地域の活動に貢献できればというのは常に思っている」として、出場者のほかに自衛隊から3人のボランティアと共に参加した。
 ソロの部で1位だった砂川衣美さん(45)は「皆さんが応援してくれたし、生ライブの音楽もあって良かった。小学生たちも可愛くて最高に楽しく走ることができた」と笑顔を見せた。
 会場横の特設ステージではシンガーソングライターのちょねさゆさん(24)のほか10組がランナーの応援に駆け付け、開会のファンファーレ演奏などを披露した石垣市民吹奏楽団と石垣市立石垣中学校吹奏楽部に奨励賞として記念品も贈られた。
 石垣島ウルトラマラソンの実行委員長も務める山田康司実行委員長は「駅伝と違ってリレーマラソンは走順などもなくチームワークで一致団結して楽しめるスポーツ。ウルトラマラソンだけでなく、音楽も感じながらリレーも楽しんでもらいたい」と話した。
 3位までの入賞者は次の通り。
 【ソロの部】
 ▽1位=砂川衣美(2時間15分19秒)▽2位=渡邊晃久(2時間16分50秒)▽3位=鳩間のどか(2時間25分18秒)
 【一般の部】
 ▽1位=自衛隊石垣出張所(2時間25分9秒)▽2位=のの・あがん駅伝部(2時間29分9秒)▽3位=リレーマラソンクラブ(2時間37分24秒)
 【ファミリーの部】
 ▽1位=吉原小学校2nd家族(3時間41分14秒)▽2位=石垣海洋少年団(3時間43分15秒)▽3位=オールブラックぐらース(3時間51分)
 【スクールの部】
 ▽1位=二中サッカー部(2時間34分5秒)▽2位=小浜中学校(2時間36分19秒)▽3位=OHJH―1(2時間56分24秒)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の県立八重山病院に入院する新型コロナウイルス感染者が54日ぶりにゼロ人になったことが分かった…
  2.  新型コロナウイルスの新規感染者は、現在でも連日のように確認されている。しかし、ある程度の感染者発生…
  3.  竹富町は町内の西表島東部と西部、小浜島、波照間島にある計4カ所の県立八重山病院付属診療所に新型コロ…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る