ゴールの達成感味わって 来年5月17日にウルトラマラソン

2020年5月17日のウルトラマラソンをPRする山田康司実行委員長(右)ら=23日、八重山日報社

 「日本最南端のウルトラマラソン日本一暑くて熱い南ぬ島を走ろう!」をテーマに第6回石垣島ウルトラマラソン(主催・同実行委員会)が来年5月17日に島内で開催される。コースは60キロ、43キロ、32キロの3部。各部合わせて定員は500人で参加費は60キロは1万円、43キロ、32キロは7千円。
 午後4時からは夕暮れライブなどの後夜祭イベントも開催する。後夜祭は会費3千円。
 申し込み期間は4月24日までで市役所スポーツ交流課で申し込み用紙を配布している。
 23日、大会実行委員長の山田康司さんは八重山日報社を訪れ「年々人気が出てきており早めの申し込みをお願いしたい」と話し「ウルトラマラソンはゴールした時の達成感が味わえるのが魅力。とにかく長い距離を楽しみながら走ってもらいたい」とPRした。
 問い合わせは大会エントリー事務局℡82-4792-0006。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クラスター(感染者集団)が発生した「石垣島キャバクラAクラブ」(美崎町)を中心に、4日、ショーパブ…
  2.  石垣市は4日、新型コロナウイルスの感染者が出た美崎町の2店舗名を独自の判断で公表した。このうち1店…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大で、沖縄では医療機関の逼迫(ひっぱく)が深刻化してきた。厚生労働省の集…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸…
ページ上部へ戻る