石垣市は「帝国憲法の手法」 住民投票求める会が主張 第2回口頭弁論

第2回公判後、報告集会であいさつする原告ら=24日午後、城岳公園

 石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画を巡り、市民グループが市を相手に起こした住民投票義務付け訴訟の第2回口頭弁論が24日、那覇地裁(平山馨裁判長)で開かれた。原告で石垣市住民投票を求める会の渡久山修副代表は、石垣市が住民投票の実施を認めない姿勢は「戦前の帝国憲法下の手法そのもの。考えや意見を交わし、市民に責任を持つ判断をさせてほしい」と訴えた。
 次回口頭弁論は、来年2月13日に開かれる。
 第2回口頭弁論では、沖縄大学客員教授で、弁護士の小林武氏が原告側を支える立場から意見書を地裁に提出した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 任期満了に伴う県議選は29日告示される。石垣市区(定数2)には無所属現職、次呂久成崇氏(46)=共…
  2.  新川字会の金城文雄会長は28日、8月8~9日に予定されている今年の豊年祭について、新型コロナウイル…
  3.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…
ページ上部へ戻る