11月の観光客過去最高 79万人、韓国客は9割減 沖縄

 県が26日発表した11月の入域観光客数は79万9200人で、前年同月比4000人(0・5%)増となり、11月としての過去最高を更新した。韓国人観光客数は、日韓関係悪化による訪日自粛の影響を受け、前年同月比87.2%の大幅減となった。
 国内客は60万100人(前年同月比0.7%減)で、航空会社の先行割り引き航空券販売などが安定していたものの、前年の「おきなわ技能五輪・アビリンピック」開催に対する反動などから前年を下回った。12月は年末年始の旅行需要の高まりが期待されることから、好調に推移する見込み。
 外国客は19万9100人(同4.2%増)、韓国の航空路線減便で韓国客が5500人にとどまったが、クルーズ船の寄港回数が増加したことから、台湾客が4万8100人(同13.7%増)、香港客が1万7200人(同29.3%増)となるなど、前年を上回った。
 12月も韓国客は減少が予想されているが、香港市場の航空路線拡充や、クルーズ船の寄港数増加で、堅調に推移すると見られる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る