11月の観光客過去最高 79万人、韓国客は9割減 沖縄

 県が26日発表した11月の入域観光客数は79万9200人で、前年同月比4000人(0・5%)増となり、11月としての過去最高を更新した。韓国人観光客数は、日韓関係悪化による訪日自粛の影響を受け、前年同月比87.2%の大幅減となった。
 国内客は60万100人(前年同月比0.7%減)で、航空会社の先行割り引き航空券販売などが安定していたものの、前年の「おきなわ技能五輪・アビリンピック」開催に対する反動などから前年を下回った。12月は年末年始の旅行需要の高まりが期待されることから、好調に推移する見込み。
 外国客は19万9100人(同4.2%増)、韓国の航空路線減便で韓国客が5500人にとどまったが、クルーズ船の寄港回数が増加したことから、台湾客が4万8100人(同13.7%増)、香港客が1万7200人(同29.3%増)となるなど、前年を上回った。
 12月も韓国客は減少が予想されているが、香港市場の航空路線拡充や、クルーズ船の寄港数増加で、堅調に推移すると見られる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  23日の沖縄全戦没者追悼式では、昨年と同様、安倍晋三首相へのやじが相次ぎ、会場は一時騒然となった。…
ページ上部へ戻る