現職、新人3氏が出馬意向 市議が検討、水面下で前哨戦

 来年6月に予定される県議選で、石垣市区(定数2)は、現職2人と新人1人の3人が出馬の意向を固めた。ほかに市議1人が出馬を検討しており、元職1人の名前も取り沙汰されている。水面下での前哨戦は既に始まっており、各陣営とも年明けから動きを加速させそうだ。保革が1議席ずつ分け合ってきた従来の構図が維持されるかが最大の焦点となる。
 現職2人はいずれも再選を目指す。八重山日報の取材に対し、現職の次呂久成崇氏(45)は「(1期目は)公約にすべて着手した。2期目も取り組みを進める」と述べた。革新系政党や労組などの支援を得て戦うことになりそうだ。
 現職の大浜一郎氏(57)は「皆さんの付託に応えられるような仕事をしていきたい」と述べ、自民党の一次公認を得たことを明らかにした。今後、自公選挙協力体制の構築を目指すと見られる。
 次呂久氏は2016年の県議選で、大浜氏は2018年の知事選に合わせて実施された県議補選で、それぞれ初当選した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  24日投開票された「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は埋め立て反対が多数を…
ページ上部へ戻る