現職、新人3氏が出馬意向 市議が検討、水面下で前哨戦

 来年6月に予定される県議選で、石垣市区(定数2)は、現職2人と新人1人の3人が出馬の意向を固めた。ほかに市議1人が出馬を検討しており、元職1人の名前も取り沙汰されている。水面下での前哨戦は既に始まっており、各陣営とも年明けから動きを加速させそうだ。保革が1議席ずつ分け合ってきた従来の構図が維持されるかが最大の焦点となる。
 現職2人はいずれも再選を目指す。八重山日報の取材に対し、現職の次呂久成崇氏(45)は「(1期目は)公約にすべて着手した。2期目も取り組みを進める」と述べた。革新系政党や労組などの支援を得て戦うことになりそうだ。
 現職の大浜一郎氏(57)は「皆さんの付託に応えられるような仕事をしていきたい」と述べ、自民党の一次公認を得たことを明らかにした。今後、自公選挙協力体制の構築を目指すと見られる。
 次呂久氏は2016年の県議選で、大浜氏は2018年の知事選に合わせて実施された県議補選で、それぞれ初当選した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日、…
  2. 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長らは21日、県庁を訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち…
  3.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…
ページ上部へ戻る