陸自配備 最後の山場に 市有地売却の準備進む

駐屯地建設の用地造成工事が進む旧ゴルフ場の入口。立ち入り禁止の立て看板、反対派の横断幕が見える=5日午後

 石垣島への陸上自衛隊配備計画は今年、最後の山場を迎えそうだ。石垣市は駐屯地建設予定地となっている市有地の一部を売却する準備を進めており、早ければ3月議会を待たず、臨時議会で売却を提案する考え。市議会では陸自配備に賛成する与党が多数を占めており、売却は可決される可能性が高い。売却が決まれば配備の障害はほぼクリアされることになり、駐屯地の開設は確定的な状況になる。
 中山義隆市長は新春インタビューで、市有地売却に向けた分筆作業を進めていることを明らかにし「(市有地)売り払いの議会への議案提案は、分筆作業が整いしだいなので、場合によっては3月議会より前の臨時議会も有り得る」と述べた。防衛省は年度内の3月までの用地取得を目指していることから、2月までに臨時議会が招集される可能性がある。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  現在、数人しか存在しない八重山出身のパイロットの1人で、ANAウイングス㈱の現役機長、東盛和市さん…
  2.  石垣市の登野城字会(新城浩健会長)のオンプールが8日、地域内にある2カ所の御嶽で行われた。1旒(り…
  3.  県が新型コロナウイルスのPCR検査対象を絞り込む方針を示したことを巡り、八重山地域新型コロナウイル…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る