議員辞職、近く判断 離党届の維新・下地氏

後援会の説明後に、報道陣に会見する下地氏=7日夜、那覇市の同氏事務所前

 日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件に絡み、日本維新の会衆院議員の下地幹郎元郵政民営化担当相(58)=比例九州=は7日、離党届を提出した。那覇市での後援会関係者との会合後、記者団に明らかにした。議員辞職については「結論は出ていない」と述べ、20日予定の通常国会召集までに判断する考えを示した。党は離党届の扱いを検討する。

 下地氏は「党のイメージを考えた。政権を取れる野党と信じてやってきたので残念だ」とも話した。この会合に先立ち、日本維新の会の松井一郎代表は大阪市役所で記者団の取材に応じ「潔く身を処すべきだ」と改めて議員辞職を求めた。「党としてきちっと処分する」との考えも示した。 下地氏は贈賄の疑いが持たれている中国企業「500ドットコム」元顧問から選挙資金として現金100万円を受領し、政治資金や選挙運動に関する収支報告書に記載していなかった。
 6日の記者会見での説明によると、2017年の衆院選期間中、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=への贈賄容疑で逮捕された「500」社元顧問紺野昌彦容疑者(48)から、選挙事務所で職員が現金の入った封筒を受け取った。
 一方、「500」社側が現金を提供したと供述した衆院議員5人に含まれる宮崎政久法務政務官(54)=比例九州=は7日、那覇市で記者団に改めて金銭の受け取りを否定。「私もないが、秘書や事務所スタッフ含めて一切ない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での武漢肺炎の集団感染で防疫対策の杜撰(ずさん)さを指摘する…
  2.  「2019年度石垣市学びの基礎力育成支援事業推進協議会」(主催・石垣市)が25日午後、石垣市立図書…
  3.  観光事業者向け英会話教室「ゆる~く英会話」(主催・同実行委員会)が26日午後、大濱信泉記念館でイン…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…
ページ上部へ戻る