議員辞職、近く判断 離党届の維新・下地氏

後援会の説明後に、報道陣に会見する下地氏=7日夜、那覇市の同氏事務所前

 日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件に絡み、日本維新の会衆院議員の下地幹郎元郵政民営化担当相(58)=比例九州=は7日、離党届を提出した。那覇市での後援会関係者との会合後、記者団に明らかにした。議員辞職については「結論は出ていない」と述べ、20日予定の通常国会召集までに判断する考えを示した。党は離党届の扱いを検討する。

 下地氏は「党のイメージを考えた。政権を取れる野党と信じてやってきたので残念だ」とも話した。この会合に先立ち、日本維新の会の松井一郎代表は大阪市役所で記者団の取材に応じ「潔く身を処すべきだ」と改めて議員辞職を求めた。「党としてきちっと処分する」との考えも示した。 下地氏は贈賄の疑いが持たれている中国企業「500ドットコム」元顧問から選挙資金として現金100万円を受領し、政治資金や選挙運動に関する収支報告書に記載していなかった。
 6日の記者会見での説明によると、2017年の衆院選期間中、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=への贈賄容疑で逮捕された「500」社元顧問紺野昌彦容疑者(48)から、選挙事務所で職員が現金の入った封筒を受け取った。
 一方、「500」社側が現金を提供したと供述した衆院議員5人に含まれる宮崎政久法務政務官(54)=比例九州=は7日、那覇市で記者団に改めて金銭の受け取りを否定。「私もないが、秘書や事務所スタッフ含めて一切ない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナ感染拡大を受けて出荷が大幅に滞るなど影響を受けていた竹富島特産品のクルマエビだが、需要が…
  2.  菅義偉首相の支持率が内閣発足直後、報道各社の調査で軒並み60%を超えた。秋田県の庶民出身、ごく普通…
  3.  沖縄本島在住の八重山高校卒業生で構成する沖縄尚志会(東川平靖会長)は25日午後、同校へ20万円を寄…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る