安全確実に訓練始め 年頭にヘリ吊上げ救助 石垣航空基地

㊨ホイスト降下訓練をする機動救難士ら。㊧航空救助用担架を使用し、ヘリにOKサインを出す=7日午後、轟川河口付近

 第十一管区海上保安本部石垣航空基地(平原文基基地長)が7日午後、年頭行事の一環としてヘリコプターと機動救難士が連携した「吊上げ(つりあげ)救助訓練」を石垣市轟川河口で行なった。平原基地長は「新しい年が始まった。昨年は急患搬送61件62人、ヘリ吊上げ救助7件9人だが、これは普段の訓練の積み重ねの結果。今年も地域の方から信頼される航空基地を目指し、今日の訓練始め、安全確実に実施を」とあいさつした。
 この日は同基地に9人いる機動救難士から5人が参加。上空15~20㍍ほどの高さから、ヘリに装備された昇降装置(ウインチ)を巻き下げて降下する「ホイスト降下」と、ヘリコプターからロープを使い高速に降下し、着地する寸前にロープを握り締めブレーキを掛ける「リペリング降下」を実施した。
 ケガ人1人を想定し、ホイスト降下では航空救助用担架を、リペリング降下ではイスに腰かけたような状態で吊り上げる「エバックハーネス」をそれぞれ使用し、担架では1回、エバックハーネスでは2回行なった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は11月30日開会した市議会(平良秀之議長)12月定例会に、児童生徒に1人1台のタブレット端…
  2.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張した問題を受け、石垣市議会は…
  3.  見たいようにしか見ていない。分かりたいようにしか分からない。最近改めて感じている理(ことわり)であ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る