【視点】米・イランの緊張高まる

 米国とイランの関係が一気に緊張の度を高めている。イランは8日、米軍によるイラン精鋭部隊のソレイマニ司令官殺害に報復し、イラクにある米空軍基地など2拠点を弾道ミサイルで攻撃した。
 安倍晋三首相は「さらなる事態の悪化を避けるため、あらゆる外交努力を重ねたい」と官邸で記者団に述べた。
 米国は、ソレイマニ司令官が米側などへの大規模な攻撃を計画していたと主張している。
 日本政府は、司令官殺害に関する論評を避けている。日本は紛争当事国ではなく、現時点で一方に肩入れする態度は慎むべきなのだから、政府の慎重姿勢は当然だ。ただ最終的には、同盟国である米国の立場に軸足を置かざるを得ないかも知れない。それでもギリギリまで独自の外交ルートを生かし、日本なりに平和的解決の道を模索する必要がある。
 米国は、自国が軍事力で圧倒的優位に立つ以上、イランが局地的な報復に出るにしても、本格的な開戦にまで踏み切る可能性は低いと読んでいるのだろう。仮に開戦に至った場合は、この機に乗じてイランの現体制を打倒し、懸案となっている核保有問題を一挙に解決する腹づもりかも知れない。今年の大統領選を有利に展開するための動きである可能性も否定できない。
 日本は紛争当事国ではないが、原油を中東に依存しており、中東情勢が悪化すれば、かつての石油危機が再来しかねない。

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は11月30日開会した市議会(平良秀之議長)12月定例会に、児童生徒に1人1台のタブレット端…
  2.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張した問題を受け、石垣市議会は…
  3.  見たいようにしか見ていない。分かりたいようにしか分からない。最近改めて感じている理(ことわり)であ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る