「三方よし」の観光地を 八重山観光新春のつどい 課題解決し量より質へ

鏡開きをする代表者ら=9日夜、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 真栄里の間

 八重山観光の振興・発展を祈念する「令和2年八重山観光新春のつどい」(主催・同実行委員会)が9日夜、石垣市内ホテルで開かれ、県内、郡内の観光業従事者200人余りが集まった。大松宏昭実行委員長は今後の展望として「八重山の目指すところは観光客、受け入れる観光事業者、地域住民が喜ぶ観光。『三方よし』でないと持続可能な観光地にはならない」と呼び掛けた。
 主催者あいさつで大松実行委員長は昨年の入域観光客数と観光消費額が過去最高であったことを踏まえ、観光客動向から見えてくる課題を指摘。
 ①シーズンの平準化②滞在日数の増加③消費額の増加―を挙げ、「3つの課題を解決し、量より質、物見遊山的観光から体験型・交流型観光にシフトしていく必要がある」と強調した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の県立八重山病院に入院する新型コロナウイルス感染者が54日ぶりにゼロ人になったことが分かった…
  2.  新型コロナウイルスの新規感染者は、現在でも連日のように確認されている。しかし、ある程度の感染者発生…
  3.  竹富町は町内の西表島東部と西部、小浜島、波照間島にある計4カ所の県立八重山病院付属診療所に新型コロ…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る