「誠意ある回答を」 4公民館、市に再度意見書提出 陸自配備計画

知念部長(左)に意見書を提出する小林館長ら=10日午後、石垣市役所

 石垣市の於茂登、開南、川原、嵩田の4公民館館長らが10日午後、市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画に関する「意見交換会の実現に向けての申し入れ」に対する市からの回答には「誠意が感じられない」として、意見書を再度、市に提出した。
 館長らは昨年の11月5日付で▽予定地周辺の自然環境・生活環境が破壊、汚染されないという科学的根拠の提示▽有事の際の具体的な住民避難計画の提示―などを列記し、2回目の意見交換会を実現するための「申し入れ」として市に提出していた。
 これに対し市は同月26日付で▽(環境に配慮し)関係法令等を遵守し必要な措置を講じる▽全島規模の武力攻撃やテロ等の事態が予測されたら、国・県より避難指示が発令される。それを受けて市長は、石垣市国民保護計画に基づき「避難実施要領」を作成し、全市民の島外避難が検討される―などと書面で4公民館長宛に回答した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る