下川氏「健常者が感度高めて」 意思疎通の困難を体験 障害児・者サポーター

講話した下川和洋氏(右)と、意思疎通ツール「透明文字盤」を体感する参加者たち=11日、結い心センター

 「意思伝達方法を学び、体験しよう」をテーマにした心身障害児・者支援奉仕員(サポーター)養成講座(主催・石垣市障がい福祉課)が11日、結い心センターで開催された。NPO法人地域ケアさぽーと研究所、女子栄養大学大学院・白梅学園大学非常勤講師の下川和洋氏が「障がい児者が抱える感覚上の困難さとコミュニケーション支援」と題し、講話した。
 ジェスチャーのみで言いたいことを伝えるゲームや、5人同時に「好きな沖縄料理」を声に出し「何が聞こえるか」を答えるゲームなどを紹介。参加者は、コミュニケーションを取ることが難しい障害者の気持ちを体感した。
 下川氏は「コミュニケーションとは双方向のやりとり。『障害者は意思疎通できないんだ』と言ってしまえば終わりだ。私たちが意思をくみ取る感度を高めることが大切」と強調した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る