【視点】自衛隊中東派遣 当然の判断

 緊迫する中東で日本船舶の安全を確保する活動の一環として、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が11日、中東海域での情報収集活動に当たるため、那覇航空基地を出発した。護衛艦「たかなみ」も2月2日に出航する。
 情報収集活動の期間は20日から12月26日まで。P3C2機と護衛艦はオマーン湾、アラビア海北部、アデン湾(バベルマンデブ海峡東側)の3海域の公海で活動する。
 日本は中東に原油の供給を依存しており、周辺を航行する船舶の安全は国民生活に直結する。自衛隊派遣は当然の判断だ。しかし米国主導の多国籍軍「有志連合」に加わると、米国と対立するイランを刺激しかねない。
 そこで有志連合には加わらず、イランに近く、原油輸送の大動脈となっているホルムズ海峡を活動海域から外すという苦肉の策を取った。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クラスター(感染者集団)が発生した「石垣島キャバクラAクラブ」(美崎町)を中心に、4日、ショーパブ…
  2.  石垣市は4日、新型コロナウイルスの感染者が出た美崎町の2店舗名を独自の判断で公表した。このうち1店…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大で、沖縄では医療機関の逼迫(ひっぱく)が深刻化してきた。厚生労働省の集…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の胡春華(こ・しゅんか)副首相は18日、河野洋平元衆院議長が会長として率いる日本国…
ページ上部へ戻る