災害ない穏やかな年に 石垣市消防本部出初式 救急出動最多2619件

㊧はしご乗りで「火の用心」「家内安全」「無病息災」を祈願する消防団員ら㊨「パプリカ」の曲に合わせた一斉着色放水=12日午後、石垣市消防本部

 石垣市消防本部(大濵安久消防長)が12日午後、2020年の「消防出初式」を同本部で開いた。親子連れなど多くの市民らが訪れ、県内で唯一行われる消防団員によるはしご乗りや一斉着色放水を楽しんだ。また消防行政に貢献した8個人12団体が表彰された。
 式典では大濵消防長が「今年が災害のない穏やかな年になるよう市民とともに祈願する」と述べ、中山義隆市長が昨年の通信障害や首里城火災、市の救急出動件数が過去20年で最多の2619件(前年比27件増)だったことに触れ、「いかなる事態にも迅速・的確に対処できるよう取り組む」と強調した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2020年度真栄里村豊年祭・オンプールが7日午後、ことし8月に整備された安居(あんぐん)公園内の安…
  2.  県医師会の安里哲好会長は7日午前、県庁で記者会見し、本土に住む県出身者に対し、旧盆の休みは帰省しな…
  3.  県八重山保健所は7日、西表島(竹富町)でバーベキューをしたグループのうち新たに島西部の男性3人が新…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る