陸自がヘリ訓練公開 年頭の編隊飛行で士気高揚

編隊飛行を行う陸自機=9日、沖縄本島周辺空域(陸自第15旅団提供)

 陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は9日、所属ヘリ部隊・第15ヘリコプター隊の年頭訓練を実施した。部隊が保有する複数の航空機で編隊飛行を行い、隊員の練度向上と士気高揚を図った。
 訓練前の開始式では、隊長の坂本貴宏1佐が訓示。緊急患者空輸について「今年2月か3月に(総数が)1万人を超える状況になる。2020年は15ヘリ隊にとって意義深い年」と述べた。
 陸自第15旅団は、沖縄が祖国復帰を果たした1972年に那覇駐屯地に移駐した臨時第1混成群を母体に規模を拡大させた部隊で、第15ヘリコプター隊は同年から緊急患者空輸を実施。年間約200回の空輸を行い、今年1月10日現在で、延べ9614件、9975人を搬送している。
 坂本1佐は、県内で発生したCSF(豚コレラ)への対応で約400人の隊員が同旅団から派遣されていることにも触れ、隊員を激励した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  トランプ前大統領が映画『ホーム・アローン2』に登場する。そのシーンを削除するかどうかが話題らしい。…
  2.  八重山防衛協会が昨年、八重山地区への海上自衛隊誘致を防衛省に要請した。海自配備にはどのような意義が…
  3.  新型コロナウイルス感染拡大に伴う「GOTОトラベル」停止や緊急事態宣言の影響で、八重山地区の観光関…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  23日の沖縄全戦没者追悼式では、昨年と同様、安倍晋三首相へのやじが相次ぎ、会場は一時騒然となった。…
ページ上部へ戻る