黒島で過去最高176万円 両市場で牛の初セリ

八重山家畜市場の初セリが行われた=13日午後

 八重山、黒島家畜市場の牛の初セリが13日行われ、子牛の平均価格は八重山が63万3133円(前回比3万2108円減)、黒島は68万3742円(同4113円減)と、いずれも前回セリを下回るスタートになった。一方、黒島では子牛の最高額が過去最高の176万1100円となり、一部ではご祝儀相場の様相を呈した。
 八重山は310頭が取り引きされ、最高位額は158万5100円。子牛の総売り上げは1億9373万8600円。購買者数は43人。2日目の14日は424頭が取り引きされ、子牛の平均価格は64万5734円(前回比1万4203円減)。最高額は113万800円。子牛の総売り上げは2億6991万6900円。
 黒島は13日、134頭が取り引きされ、総売り上げは925万3900円。購買者数は25人。これまでの過去最高額は昨年初セリの約172万円だった。
 13日は両市場で初セリのセレモニーが開かれ、JAおきなわの普天間朝重代表理事や3市町長らが参加した。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は3日、新型コロナウイルス感染拡大による観光客の激減が響き、2~5月の4カ月間で観光消費額が11…
  2.  県は2日午前、今年9月から開始する国勢調査の実施本部を、企画部統計課に設置した。国勢調査は5年に1…
  3.  沖縄県市長会(会長・島袋俊夫うるま市長)の2020年度第1回総会が3日、県市町村自治会館で開かれた…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る