黒島で過去最高176万円 両市場で牛の初セリ

八重山家畜市場の初セリが行われた=13日午後

 八重山、黒島家畜市場の牛の初セリが13日行われ、子牛の平均価格は八重山が63万3133円(前回比3万2108円減)、黒島は68万3742円(同4113円減)と、いずれも前回セリを下回るスタートになった。一方、黒島では子牛の最高額が過去最高の176万1100円となり、一部ではご祝儀相場の様相を呈した。
 八重山は310頭が取り引きされ、最高位額は158万5100円。子牛の総売り上げは1億9373万8600円。購買者数は43人。2日目の14日は424頭が取り引きされ、子牛の平均価格は64万5734円(前回比1万4203円減)。最高額は113万800円。子牛の総売り上げは2億6991万6900円。
 黒島は13日、134頭が取り引きされ、総売り上げは925万3900円。購買者数は25人。これまでの過去最高額は昨年初セリの約172万円だった。
 13日は両市場で初セリのセレモニーが開かれ、JAおきなわの普天間朝重代表理事や3市町長らが参加した。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…
  2.  政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の…
  3.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は16日、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の施策について、効果検証を行い…
ページ上部へ戻る