【視点】豚コレラ 侵入防止対策徹底を

 うるま市で豚コレラ(CSF)の発生が確認されて15日で1週間が経過した。感染は隣の沖縄市に拡大し、15日にはうるま市で4例目となる豚コレラ感染が確認されるなど、沖縄本島ではいまだ終息のきざしが見えない。離島の八重山では感染は確認されていないが、空港や港湾での水際防止対策や、各養豚農家の衛生管理を徹底させ、侵入防止を図る必要がある。
 豚コレラは豚やイノシシに感染する家畜伝染病で、発熱や食欲減退などの症状が現れ、致死率が高い。沖縄では33年ぶりの確認となった。県内の18年度の豚の出荷頭数は約33万頭だが、殺処分の頭数は1万頭に迫る勢いで、養豚業は容易ならぬ事態に直面している。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日、…
  2. 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長らは21日、県庁を訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち…
  3.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  日台交流をすすめる会(廣瀬勝代表)は23日、浦添市てだこホールで日本と米国、台湾の安全保障関係者を…
ページ上部へ戻る