伝統芸の所作など体験 組踊等教育普及事業 白保中でワークショップ

組踊の座り方から喜びの表現を練習する生徒ら=16日午後、白保中学校体育館

 2019年度「組踊等教育普及事業」組踊ワークショップ(主催・県教育庁文化財課)が16日午後、石垣市立白保中学校(﨑山晃校長、生徒59人)で行われた。県立芸術大学琉球芸能専攻OB会メンバーの7人が同校を訪れ、全校生徒に座り方などの所作や「女物狂」での台詞「唱え」の方法を手ほどきし、生徒は伝統文化を楽しく体験、継承した。
 ワークショップでは、OB会メンバーが組踊300年の歴史の概要を説明し、「唱え・音楽・琉球舞踊」という組踊の3要素を実演を交えて解説した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…
ページ上部へ戻る