あすから花のカーニバル 県内各地で、5月まで

花のカーニバルをPRしたスピーナさん(右)と渡嘉敷統括監=16日午後、宮古毎日新聞那覇支社

県や沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)などは、18日から5月6日までに県内各地で開催される花に関連したイベントを第37回沖縄花のカーニバル2020と位置づけ、積極的にPRしている。16日には、ミス沖縄のスピーナ瑛利香さんと県文化観光スポーツ部の渡嘉敷道夫統括監が県内メディア向けに告知を行った。スピーナさんは「冬でも暖かい沖縄、フラワーアイランド沖縄を楽しもう」と述べ、多くの県民に来場を呼びかけた。
 亜熱帯気候である沖縄県では、温暖な気候を生かし、年間を通して彩色豊かな花々が楽しめるが、オフシーズンに県内を訪れた観光客や県民の誘客を狙う。
 県内では、18日に開催される第42回もとぶ八重岳桜まつりを最初のイベントに位置付け、5月まで県内各地で花に関連したイベントが毎月開催される。
 八重山地域では、4月から5月に見ごろを迎える竹富島のデイゴ並木と、石垣島ペーブク(平久保)のサガリバナ群落が、関連する散策スポットに位置付けられている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. JTA八重山支社長兼石垣空港所長 玉城力さん(54)  新型コロナウイルスの感染が広がり、航空…
  2.  沖縄子どもの未来県民会議(理事長・謝花喜一郎副知事)は30日午後、県庁で第2回理事会を開き、新年度…
  3.  沖縄本島でほぼ連日、新型コロナウイルスの感染確認が続いており、離島の八重山でも徐々に警戒感が高まっ…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)の要請団6人が上京し、6、7の両日、クロマグロの漁獲枠拡大や米軍普天間飛…
ページ上部へ戻る