あすから花のカーニバル 県内各地で、5月まで

花のカーニバルをPRしたスピーナさん(右)と渡嘉敷統括監=16日午後、宮古毎日新聞那覇支社

県や沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)などは、18日から5月6日までに県内各地で開催される花に関連したイベントを第37回沖縄花のカーニバル2020と位置づけ、積極的にPRしている。16日には、ミス沖縄のスピーナ瑛利香さんと県文化観光スポーツ部の渡嘉敷道夫統括監が県内メディア向けに告知を行った。スピーナさんは「冬でも暖かい沖縄、フラワーアイランド沖縄を楽しもう」と述べ、多くの県民に来場を呼びかけた。
 亜熱帯気候である沖縄県では、温暖な気候を生かし、年間を通して彩色豊かな花々が楽しめるが、オフシーズンに県内を訪れた観光客や県民の誘客を狙う。
 県内では、18日に開催される第42回もとぶ八重岳桜まつりを最初のイベントに位置付け、5月まで県内各地で花に関連したイベントが毎月開催される。
 八重山地域では、4月から5月に見ごろを迎える竹富島のデイゴ並木と、石垣島ペーブク(平久保)のサガリバナ群落が、関連する散策スポットに位置付けられている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る