家庭教育力の向上を 県P研究八重山大会が閉幕

開会式でPTAの歌を斉唱する参加者=19日午前、石垣市民会館大ホール

 「和衷協同!結いの心で紡(つむ)ぐ愛」をスローガンに、第61回沖縄県PTA研究大会八重山大会(主催・県PTA連合会)の全体会が19日、石垣市民会館大ホールで開かれた。県内各地から約1100人が参加。「基本的な生活習慣や家庭学習の確立を目指し、家庭の絆を深め、家庭教育力の向上に努める」などとした大会決議や大会宣言を採択、閉幕した。
 大会宣言では、国際化、少子高齢化などの急激な社会の変化の中、PTAも「新たな対応を求められている」と指摘。決議では会員の資質向上、PTA活動の活性化、青少年の健全育成も求めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国内外からIT関連企業や団体が参加した展示会「リゾテックおきなわ国際IT見本市2020」(主催・同…
  2.  県は29日、与那国町在住の70代女性が町内で初めて新型コロナウイルスに感染した、と発表した。町は3…
  3.  世界規模の総合観光イベント「ツーリズムEXPO(エキスポ)ジャパン旅の祭典in沖縄」(主催・日本観…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る