多発地点で事故防止PR カンムリワシ事故 児童ら交差点で横断幕

カンムリワシの交通事故防止を通行車両に呼び掛ける児童ら=19日午前、石垣市桴海

 環境省沖縄奄美自然環境事務所(東岡礼治所長)などが19日午前、新たな試みとなる「カンムリワシ交通事故防止注意喚起活動」を、石垣市字桴海の県道79号線と87号線の交差点で実施した。同事務所のほか、カンムリワシ・リサーチ、市教育委員会、八重山警察署、西表石垣国立公園パークボランティア、近隣児童らの計20人ほどが参加し、事故多発地点でチラシや横断幕での事故防止をPRした。
 カンムリワシの繁殖期と相まって、2月~3月はカンムリワシの交通事故が増える傾向にある。活動では近年交通事故が発生している地点付近の交差点で一時停止した通行車両に「カンムリワシ運転注意マップ」(20年1月6日発行)のチラシを配布。「島の生き物にやさしい運転をおねがいします」と書かれ、カンムリワシが速度制限標識「40」をつかんだイラストの付いた横断幕を掲げ、運転手に注意を促した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は13日、黒糖(含蜜糖)の品質に優れたサトウキビの新品種「RK03―3010」を開発し、竹富町波…
ページ上部へ戻る