市長「壮健で楽しい日々を」 351人の生年祝う

97歳のカジマヤー(マンタラー)の皆さんが檀上で頌状を受け取った=25日、市民会館大ホール

 2020年石垣市生年祝式典(主催・石垣市)が旧正月(旧暦1月1日)の25日午後、市民会館大ホールで開かれ、351人の長寿を祝い頌状と記念品が贈呈された。
 中山義隆市長は「激動する時代の中、幾多の困難と困窮の中から厳しい時代を力強く生き抜かれ、家族や地域、社会のために尽くしてこられた。その豊富な知識と経験を存分に生かしていただくと共に健康に留意され、ご壮健で楽しい日々を過ごされることを願います」と式辞を述べた。
 生年祝は108歳の茶寿が1人、97歳のカジマヤー(マンタラー)は62人、85歳は288人の計351人だった。
 代表して97歳の徳村ユシさん=登野城=から市長があやかりの盃を受けた。
 祝宴では秀風会本盛秀八重山民俗舞踊研究所の「世果報獅子」や八重山3校の郷土芸能部による「村遊び」で会場を盛り上げ、長寿を祝った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナ感染拡大を受けて出荷が大幅に滞るなど影響を受けていた竹富島特産品のクルマエビだが、需要が…
  2.  菅義偉首相の支持率が内閣発足直後、報道各社の調査で軒並み60%を超えた。秋田県の庶民出身、ごく普通…
  3.  沖縄本島在住の八重山高校卒業生で構成する沖縄尚志会(東川平靖会長)は25日午後、同校へ20万円を寄…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣海上保安部は7日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして、漁業主権法違…
ページ上部へ戻る