市長「壮健で楽しい日々を」 351人の生年祝う

97歳のカジマヤー(マンタラー)の皆さんが檀上で頌状を受け取った=25日、市民会館大ホール

 2020年石垣市生年祝式典(主催・石垣市)が旧正月(旧暦1月1日)の25日午後、市民会館大ホールで開かれ、351人の長寿を祝い頌状と記念品が贈呈された。
 中山義隆市長は「激動する時代の中、幾多の困難と困窮の中から厳しい時代を力強く生き抜かれ、家族や地域、社会のために尽くしてこられた。その豊富な知識と経験を存分に生かしていただくと共に健康に留意され、ご壮健で楽しい日々を過ごされることを願います」と式辞を述べた。
 生年祝は108歳の茶寿が1人、97歳のカジマヤー(マンタラー)は62人、85歳は288人の計351人だった。
 代表して97歳の徳村ユシさん=登野城=から市長があやかりの盃を受けた。
 祝宴では秀風会本盛秀八重山民俗舞踊研究所の「世果報獅子」や八重山3校の郷土芸能部による「村遊び」で会場を盛り上げ、長寿を祝った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る