市長「壮健で楽しい日々を」 351人の生年祝う

97歳のカジマヤー(マンタラー)の皆さんが檀上で頌状を受け取った=25日、市民会館大ホール

 2020年石垣市生年祝式典(主催・石垣市)が旧正月(旧暦1月1日)の25日午後、市民会館大ホールで開かれ、351人の長寿を祝い頌状と記念品が贈呈された。
 中山義隆市長は「激動する時代の中、幾多の困難と困窮の中から厳しい時代を力強く生き抜かれ、家族や地域、社会のために尽くしてこられた。その豊富な知識と経験を存分に生かしていただくと共に健康に留意され、ご壮健で楽しい日々を過ごされることを願います」と式辞を述べた。
 生年祝は108歳の茶寿が1人、97歳のカジマヤー(マンタラー)は62人、85歳は288人の計351人だった。
 代表して97歳の徳村ユシさん=登野城=から市長があやかりの盃を受けた。
 祝宴では秀風会本盛秀八重山民俗舞踊研究所の「世果報獅子」や八重山3校の郷土芸能部による「村遊び」で会場を盛り上げ、長寿を祝った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での武漢肺炎の集団感染で防疫対策の杜撰(ずさん)さを指摘する…
  2.  「2019年度石垣市学びの基礎力育成支援事業推進協議会」(主催・石垣市)が25日午後、石垣市立図書…
  3.  観光事業者向け英会話教室「ゆる~く英会話」(主催・同実行委員会)が26日午後、大濱信泉記念館でイン…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  年間約50万人が訪れる人気観光地の竹富島で9月1日から、観光客は1人300円の入域料(入島料)の支…
ページ上部へ戻る