「人類共生の時代へ」 池田名誉会長が平和提言 創価学会

 創価学会の池田大作名誉会長は26日、第45回「SGI(創価学会インタナショナル)の日」に「人類共生の時代へ 建設の鼓動」と題する平和提言を発表した。
 提言では、誰もが尊厳をもって安心して生きられる「持続可能な地球社会」建設に向け①核兵器禁止条約を今年中に発効させ、被爆地で「民衆フォーラム」を開催する②NPT再検討会議の最終文書に核軍縮を本格的に進める方策を盛り込む③「気候変動と防災」をテーマにした国連の会合を日本で開催④紛争や災害などの影響で教育の機会を失った子供たちへの支援強化―を提案した。
 提言の全文は26、27日付の聖教新聞紙上に2回にわたり掲載されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナ感染拡大を受けて出荷が大幅に滞るなど影響を受けていた竹富島特産品のクルマエビだが、需要が…
  2.  菅義偉首相の支持率が内閣発足直後、報道各社の調査で軒並み60%を超えた。秋田県の庶民出身、ごく普通…
  3.  沖縄本島在住の八重山高校卒業生で構成する沖縄尚志会(東川平靖会長)は25日午後、同校へ20万円を寄…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る