【金波銀波】石垣市内の小売店で…

 石垣市内の小売店で27日、中国語を話す観光客の集団が、マスクを置いた商品棚の前にむらがり、品定めしているのを見かけた。八重山住民にとって新型肺炎の脅威はまだ遠い話のようだが、外国客にとっては、既に身近で切実な問題になっている◆八重山でかつて、SARS(サーズ)や新型インフルエンザの侵入防止が騒がれたのも、ひと昔前の話になってしまった。当時は幸い、ウイルスの侵入はなかったが、現在は当時に比べ、格段に観光客数が増えた。リスクは明らかに高まっている◆伝染病が流行すると旅行を控える傾向が強まるし、万一、観光地で患者の発生が確認されれば、甚大な風評被害が起こる。観光を経済の柱に据え、経済を成長させてきた沖縄にとって、容易ならぬ事態が近づいている。今年は東京五輪・パラリンピックがあり、外国客増の期待は高かったが、もう浮かれている状況ではない◆政府は水際対策の強化を訴えて検疫を強化し、県はインフルエンザと同様の予防対策を県民に呼び掛けた。だが、官民ともに今一つ危機感が感じられない◆「傘をさせば雨も降らない」という言葉がある。十分に備えることで、危機は乗り切れる。かえって、打たれ強い沖縄観光を実現する絶好のチャンスになるかも知れない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は26日の定例会見で、中国が主導する経済圏構想「一帯一路」に関し「沖縄が日本のアジア…
ページ上部へ戻る