FC琉球キャンプ打ち上げ 小学生にサッカー教室

FC琉球の選手とサッカー教室の参加者らで記念撮影=26日、サッカーパークあかんま

 サッカーJ2のFC琉球は石垣島キャンプ最終日の26日午後、サッカーパークあかんまで、75人の小学生を対象にサッカー教室を開いた。
 ウォーミングアップ後に選手と児童の4人一組でチームを作り、ミニゲーム8試合を行った。勝ち数が多かったチームにはFC琉球のタオルが贈られ、参加者全員にリストバンドのプレゼントもあった。サッカー教室後に選手らは記念撮影やサインにも応じた。
 新川小学校5年の金城龍完(りょうま、11)君は「(選手の)パス回しが速くて上手かった。パス回しを練習して、試合でも勝てるように頑張りたい」と意欲を話した。
 石垣小学校3年の小禄広晴(こうせい、9)君は「自分から攻めていこうという気持ちが勉強になった。サインももらえてうれしかったし、FC琉球を応援したくなった」と感想を述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る