優遇制度維持の必要性強調 21世紀ビジョン総点検を報告 県振興会議

報告書を手渡した西田氏(左)と受けた玉城氏。玉城氏は持続可能な開発目標(SDGs)の重要性も強調し、西田氏も理解を示した=27日午後、県庁

 沖縄県振興審議会の西田睦会長は27日午後、県庁に玉城デニー知事を訪ね、沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)等総点検報告書素案を手渡した。西田氏は「施策により、多様な分野で成果が認められる。高率補助制度や一括交付金制度、沖縄振興税制が有効に寄与している」と各種優遇制度維持の必要性を強調した。
 玉城氏は「(各種優遇制度が)今後も重要であるとの意見を重く受け止める」と応じた。
 審議会は県から委嘱を受け、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」効果などを総点検してきた。
 9つの部会で構成され、昨年7月から11月までそれぞれ5回ずつ、計45回の会合を開催した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  (有)石垣コミュニティーエフエム(東太田政三代表取締役)と石垣市が川平地区にある市有地の賃貸借契約…
  3.  石垣市崎枝の赤崎水田(崎枝小学校近く)で26日午前、ことし1期作となる田植えが始まった。他の農家に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの…
ページ上部へ戻る