県との情報共有に課題 豚コレラ対処、陸自が報告会

報道陣の取材に応じた対処班長の山内1曹=28日午前、那覇駐屯地

 陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は28日午前、県からの要請で8日から20日まで行った豚コレラ(CSF)に対する災害派遣任務の報告会を那覇駐屯地で開催した。県との情報共有に課題があったことが指摘された。
 部隊の拠点は県が防疫センターを置いたうるま市の具志川体育館だった。派遣部隊の指揮官・内村直樹1佐は、県庁が活動現場と直接やり取りしたため「(陸自が)現場のニーズを把握するのに時間を要した」と述べ、具志川体育館にも県庁の現地調整所を設置すべきだったとの考えを示した。県が昨年6月、家畜伝染病関連の訓練を実施したことを受け「陸自も参加し県と認識を共有すべきだった」と述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町(西大舛髙旬町長)と八重山警察署(江田一也署長)は1日、9月に一部改正された「町建設工事等暴…
  2.  陸上自衛隊与那国駐屯地(古賀聡明司令)のグラウンド落成式が11月28日午後、同グラウンドで行われ、…
  3.  「今年の漢字」が選定される季節になったが「病」しか思い浮かばない。疫病に始まり、疫病に終わる1年に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る