【視点】新型肺炎、情報収集し予防徹底を

 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染がとどまるところを知らない。感染者は6000人、死者は130人を超えた。春節(旧正月)に伴う大型連休には多数の中国人観光客が沖縄本島を訪れており、潜伏期間を考えると、今後、県内でいつ患者が発生してもおかしくない状況だ。県民には正しい情報収集に努め、予防対策を徹底する努力が求められている。
 県は、発生地である中国武漢市への渡航歴がある人や、渡航歴がある人と接触し、発熱やせきなどの症状がある人に対し、事前に医療機関に申告した上で、マスクを着用して受診するよう呼び掛けた。
 県によると、感染予防はインフルエンザと同様の方法だ。外出した後や食事の前、せきや、くしゃみで手が汚れた場合は、必ず手洗いする。アルコールでの手、指の消毒も有効だ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが減少した地元店舗を支援しようと、石垣市は11日、全市民を対象に、島内…
  2.  石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。…
  3.  石垣市教育委員会は11日、2021年度から4年間使用する中学校教科書を採択した。公民は育鵬社版が選…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る