マスク売り切れの店舗も 台湾人観光客が殺到

マスクを買い求める台湾人観光客。陳列棚はほとんど欠品状態となっている=30日午後2時ごろ、石垣市真栄里のドラッグイレブン石垣店

 中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎患者が拡大している問題で、石垣市内のドラッグストアや大型店でもマスクが売り切れたり、品薄となっている。
 真栄里にあるドラッグイレブン石垣店では30日、台湾人観光客などが殺到、マスクを両手いっぱいに買い込む姿がみられた。
 マスクはほとんど売り切れとなり、陳列棚はガラガラ。在庫商品を補充してもすぐ売り切れるため、一人2個限りとしている。
 50代の女性は「東京ではマスクが手に入らないので、娘に送ってあげる」と話した。
 売り場担当者によると、春節(中国の旧正月)が始まった23日ごろからマスクの売り切れが起きた。品薄の商品もまもなく底をつきそうで、マスクの入荷日や数量は未定という。
 外国人観光客の増加で石垣市でも警戒感が高まっており、感染者がいつ発生しておかしくない。
 県や石垣市など関係機関では「インフエンザ対策と同様、マスク着用のほか、外出後のうがいや手洗いをしっかりして」と呼びかけている。(南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県離島振興協議会・県過疎地域振興協議会(外間守吉与那国町長)は4月25日、県庁に謝花喜一郎副知事を…
ページ上部へ戻る