ハラスメント事例など学ぶ 紫電舎 郡初の企業と人権研修

各種ハラスメントの事例や注意点を学ぶ職員ら=1日午後、紫電舎会議室

 ㈱紫電舎(新城永一郞代表取締役)が1日午後、「企業と人権~職場からつくる人権尊重社会~」研修会を同社会議室で実施した。石垣人権擁護委員協議会の森永用朗会長ら4人が講師として招かれ、参加した職員ら約40人はハラスメントの事例や注意点などを学んだ。法務省は全国の法務局・地方法務局で、企業等からの要望に応じて無料で講師を派遣し、人権研修を実施しており、八重山郡内では初めて。
 研修会ではDVDを使い、▽企業にとっての人権▽ハラスメント▽障害者、外国人への差別・偏見―についての事例学習や企業の取り組みを説明。
 「ハラスメントは、健康に働くこと、従業員の能力を発揮することを不当に侵害する行為」として、企業の人権意識欠如によるマイナス点が強調された。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の特別定額給付金10万円のオンライン申請をスマホで挑戦した。評判通り手順が煩雑で行き詰まること…
  2.  〈大変な時に収集ありがとう〉。新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市の家庭から出される一般ごみの…
  3.  政府が国民1人10万円を給付する特別定額給付金の申請受け付けが石垣市で本格化している。今週に入り、…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
ページ上部へ戻る