国境離島警備に専従部隊創設 歓楽街対策「厳正に対処」 宮沢県警本部長

八重山日報社を訪れた宮沢忠孝県警本部長=3日、同社

 昨年12月25日付で沖縄県警察本部長に着任した宮沢忠孝氏が3日午後、八重山日報社へ就任あいさつで訪れ、新年度から県警本部に尖閣諸島など国境離島の警備対策として新たに150人の専従部隊を創設すると報告した。
 国境離島における緊急事態対策で武装集団の不法上陸事案などへの即応能力強化が狙い。
 国の2020年度予算案で約78億6500万円が計上され、県議会でも条例の改正案を提出する予定で「円滑にスタートさせることが大きな課題」と話した。
 県警本部長として力を入れたい問題に飲酒運転対策、組織犯罪対策、歓楽街対策、少年非行、サイバー犯罪などを挙げた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山地区で今年に入り、8月までの自殺者数が7人になり、昨年1年間と同数になったことが八重山保健所…
  2.  石垣市は1日、尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更した。6月議会で字名の変更議案を賛…
  3.  萩生田光一文部科学相が29日石垣入りし、予算削減で来年度以降の存続が危ぶまれている国立天文台のVE…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る