島ことばで絵本製作へ 竹富、与那国などの民話題材 「言語の多様性守りたい」

島ことばの絵本出版プロジェクトを進める山田真寛准教授(左)ら言語研究者の皆さん

 八重山諸島の各地で方言大会が開催されるなど、次世代へ方言継承の機運が高まる中、国立国語研究所(東京都)の山田真寛准教授、中川奈津子助教ら言語学者らが、地域住民と協力して八重山や奄美などの島ことば絵本を出版する。
 絵本は竹富島の「星砂の話」、与那国島の「ディラブディ」、多良間島の「カンナマルクールクの神」と、沖永良部島(鹿児島県)の「ましゅいっしゅーぬくれー」の4作品。親子で島の言葉を楽しく学んでほしいと企画した。
 絵本は作成段階から多くの島民が関わり、またクラウドファンディングで1千部出版に必要な諸経費を募り、302人が協力、416万円の支援金が集まった。絵はイラストレーター・デザイナーの山本史さんが手がけた。
 このうち「星砂の話」は、竹富島の星砂にまつわる民話を島民の内盛スミさん(故人)から3年かけて聞き取り完成させた。
 昨夏にはこの絵本を使ったイベントが開催され、息子の内盛正聖公民館長と親族の内盛右希さんが朗読した。思いが詰まった絵本が三世代をつなぎ、親世代の意識も変えつつある。
 山田准教授は「自分の島のことばを守ることは、日本の中や人間全体の言語の多様性を守ること」と強調。「一人ひとりの行動が大切。毎日ひとことでも発してほしい」と関心を持ち実践することを呼び掛けた。
 絵本は各地域の言葉のほか共通語・英語表記、解説、朗読音声データが付く。絵本は今夏ごろ出版を目指し、それぞれの島の各施設、団体などにも寄贈する予定。
    (隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染者が県外から八重山を訪れる「移入例」を懸念した地元住民が、SNS上で悲鳴を…
  2.  大川にある県立旧八重山病院の解体工事を予定通り新年度中に着手することにしているが、新型コロナウイル…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日か…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の海上警備を担当する中国海警局(海警)のトップに、中国海軍で東シナ海を管轄する東海…
ページ上部へ戻る