男子大城、女子川内V 西表島を1173人が疾走 やまねこマラソン

23キロのランナーが一斉にスタートした=8日、上原小学校前

 「さわやかに西表島の大自然を走ろう」をテーマにした令和メモリアル2020第27回竹富町やまねこマラソン大会(主催・町体育協会)が8日、上原小学校を発着点に行われ、23キロ、10キロ、3キロコースに1173人が雄大な自然の中を快走した。23キロ男子は大城優人=新川=が1時間22分13秒で優勝、同女子は川内侑子が1時間30分18秒でそれぞれ初優勝を飾った。
 10キロ男子は川満晃弘=西表島住吉=が35分32秒、同女子は田中浩美=西表島大富=が49分16秒で優勝した。
 中学生が参加した3キロ男子は阿利優汰=波照間=、同女子は仲嶺はる=石垣第二=が制した。
 3種目で1154人がゴールし、完走率は98.4%だった。
 大会は午後0時40分に23キロ、以後10分ごとに10キロ、3キロの順でスタートした。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  JAおきなわ(普天間朝重代表理事)が5月29日から実施しているJA石垣牛への支援を募る購買型のクラ…
  2.  玉城デニー知事は3日、県庁で記者会見し、県内の新型コロナウイルスの状況について「小康状態」とした上…
  3.  今年は中学校教科書採択の年となっており、八重山地区では石垣市と与那国町でつくる協議会と、竹富町単独…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  竹富町議会(新田長男議長)6月定例会では一般質問最終日の20日、仲里俊一、上盛政秀、那根操の3氏が…
ページ上部へ戻る