北方領土「一日も早い返還を」 石垣第二中教諭の公開授業も 県民大会

第1部の式典では、大会宣言が発表され、ロシアに北方領土の早期返還を求めた=8日午前、沖縄市産業交流センター

 第39回北方領土返還要求沖縄県民大会中部大会(主催・同県連絡協議会)が8日、沖縄市で開催された。大会は2部構成で、第1部の式典では大会宣言が読み上げられ、ロシアに対し一日も早い北方領土の返還を要求した。第2部では、公開授業が行われ、講師として石垣第二中の豊見本宏樹教諭が授業を行い、北方領土の基礎知識を生徒に教えた。また、大会には北中城中学校から約50人の生徒が参加した。
 豊見本教諭は、過去に結ばれた日露・日ソ間の各条約で一貫して北方領土は日本の領土だったと紹介。「条約上、ロシアの領土になったことはないが、住むのはロシア人だ。生活の基盤が整備されている」と説明し、ロシアの地図では自国領土だと表記していると説明した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルス感染拡大で石垣、竹富、与那国の八重山3市町が民間から寄付を受けたマスクが11万2…
  2.  県は26日、今年4月の入域観光客数が前年同月比77万4100人(90・9%)減の7万7300人とな…
  3.  石垣市内小中学校では25日の給食に、地元のブランド牛「美崎牛」を使った美崎牛カレーが提供された。 …

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る