後生の正月で祖先供養 郡内各地で十六日祭

毎年の祖先供養を大切にしている大濵さん、黒島さんら=9日午後、石垣市大浜

 正月元旦の「イチミ(生身)の正月」に対し、「グソー(後生)の正月」と言われる祖先供養の祭り「ジュルクニチー(十六日祭)」が、旧暦1月16日に当たる9日、郡内各地の墓地で行われた。墓前では家族、親族が果物や酒などを供え、オードブルなどを囲みながら歓談する姿が見られた。
 気象庁によると、この日の正午の気温は17.4度。朝から曇り空で、時折小雨がパラついた。墓地周辺の道路沿いには駐車している自動車が列をなす「風物詩」も見られた。
 石垣市大浜にある桃原家の墓では大濵数子さん、黒島師孝さんらの家族が集った。黒島さんは「家族皆で集まって、両親をしのびながら過ごしている」と話し、宮良小6年の麻央さん(12)は「祖先に感謝できる良い機会。おいしいものも食べられてうれしい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山地区で今年に入り、8月までの自殺者数が7人になり、昨年1年間と同数になったことが八重山保健所…
  2.  石垣市は1日、尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更した。6月議会で字名の変更議案を賛…
  3.  萩生田光一文部科学相が29日石垣入りし、予算削減で来年度以降の存続が危ぶまれている国立天文台のVE…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  中国の海上警備を担う中国海警局が、石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に公船「海警」を侵入させる頻度を増…
ページ上部へ戻る