臨時職員の処遇改善へ 市町村 「会計年度任用職員」導入

 全国の市町村で、2020年度から「会計年度任用職員」制度が導入され、従来の臨時・非常勤職員の多くが新たな雇用制度に移行する。石垣市は10日から、来年度の会計年度任用職員の募集を始めており、給与や休暇などで従来の臨時・非常勤職員より「処遇が改善される」とアピールしている。
 会計年度任用職員は、1年度内(4月1日から翌3月31日まで)で勤務する一般職非常勤の地方公務員。石垣市の場合、給与は月額13万8559円で、従来の臨時・非常勤職員とは異なり、ボーナス(月額の2.6カ月分)が支給される。休暇もほぼ正職員並みに付与される。石垣市の場合、年間で約15~20万円の昇給になるという。
 人事評価制度や出勤状況により再度の任用も可能となっている。再度の任用時には昇給もある。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  当時の舟を推定して復元し、旧石器時代に大陸から日本列島に渡ってきた祖先の大航海の一部を再現する「3…
ページ上部へ戻る