臨時職員の処遇改善へ 市町村 「会計年度任用職員」導入

 全国の市町村で、2020年度から「会計年度任用職員」制度が導入され、従来の臨時・非常勤職員の多くが新たな雇用制度に移行する。石垣市は10日から、来年度の会計年度任用職員の募集を始めており、給与や休暇などで従来の臨時・非常勤職員より「処遇が改善される」とアピールしている。
 会計年度任用職員は、1年度内(4月1日から翌3月31日まで)で勤務する一般職非常勤の地方公務員。石垣市の場合、給与は月額13万8559円で、従来の臨時・非常勤職員とは異なり、ボーナス(月額の2.6カ月分)が支給される。休暇もほぼ正職員並みに付与される。石垣市の場合、年間で約15~20万円の昇給になるという。
 人事評価制度や出勤状況により再度の任用も可能となっている。再度の任用時には昇給もある。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  海上保安庁が巡視船や航空機で任務に当たる保安官の新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払ってい…
  2.  県は9日、新型コロナウイルス感染症対策として那覇空港の国内線1階到着ロビーにサーモグラフィ設置し、…
  3.  首里城火災に係る再発防止検討委員会(委員長・阿波連光弁護士)の第2回会合が6日、首里城公園首里社館…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る