実行委で改定版議論 観光推進ロードマップ提示予定

会議では、事務局が提示した素案を基に議論が行われた=7日午後、県庁

 観光目標達成のための工程表「沖縄観光推進ロードマップ」の改定案を議論する観光戦略実行会議が7日午後、県庁で開かれた。県は第5次沖縄県観光振興基本計画を基に、観光収入1兆1千億円、入域観光客数1200万人を目標に施策を進めており、これに向けて、各種施策を円滑に進めるため、ロードマップの改定案が議論された。
 会議では委員の下地芳郎OCVB会長が、沖縄都市モノレールの延伸区画の整備と、首里城再建計画について具体的に記すよう指摘。県は指摘箇所を修正し、3月中旬に開催予定の県観光推進本部で改定版を提示する。また県が策定した素案が提示され、県庁や沖縄県総合事務局、民間団体の関係者らで構成された委員らが議論した。
 下地氏は、モノレール延伸部分の周辺施設について、予定されている活性化策が進んでいないと指摘し、炎上した首里城の復興については基本方針を具体化すべきと強調。素案の文言修正を求めた。
 県側は、モノレール延伸部分について、駅周辺道路や高速道路との連結部分の整備に時間がかかると説明。改定案に追記できるよう調整するとした。首里城については、観光目標達成のための基本方針に盛り込むとした。
 委員である環境部の棚原憲実部長は西表島などの世界自然遺産登録に際して、本島北部のやんばる地域と西表島は状況が異なるため、別々にマスタープランを用意すると説明した。「やんばるは、推薦地域以外で観光客を増やしたい。西表は既にかなりの観光客が入っているので、適正利用を図りながら地元の活性化を図りたい」と事情を紹介。今月中にプラン策定を行う予定だと説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…
  2.  新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が県内でも確認され、高校入試を控える学校現場に緊張感が走ってい…
  3.  石垣島ビール㈱(塩谷篤代表取締役)が14日、「石垣島ライスビール・金波」を発売した。みやぎ米屋㈱(…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る