県内初の感染者確認 本島の運転手、クルーズ客案内 乗客2679人那覇上陸か 新型コロナウイルス

 県は14日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。九州・沖縄での感染確認は初めて。感染者は本島南部に住む60代のタクシー運転手女性で、感染が拡大しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が1日に那覇港に寄港した際、乗客を観光施設に案内した。玉城デニー知事は同日の記者会見で、寄港したダイヤモンド・プリンセス号から「2679人が下船した可能性がある」と明らかにした。
 同船は那覇港に約9時間半停泊。県や県ハイヤー・タクシー協会によると、運転手は1日午後、那覇市の那覇クルーズターミナルから本島南部の観光施設まで約40分間、4人を乗せた。4人は、那覇に同日寄港し、現在は横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者で、運転手によるといずれも日本人とみられる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  海上保安庁が巡視船や航空機で任務に当たる保安官の新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払ってい…
  2.  県は9日、新型コロナウイルス感染症対策として那覇空港の国内線1階到着ロビーにサーモグラフィ設置し、…
  3.  首里城火災に係る再発防止検討委員会(委員長・阿波連光弁護士)の第2回会合が6日、首里城公園首里社館…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県離島振興協議会・県過疎地域振興協議会(外間守吉与那国町長)は4月25日、県庁に謝花喜一郎副知事を…
ページ上部へ戻る