県内初の感染者確認 本島の運転手、クルーズ客案内 乗客2679人那覇上陸か 新型コロナウイルス

 県は14日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。九州・沖縄での感染確認は初めて。感染者は本島南部に住む60代のタクシー運転手女性で、感染が拡大しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が1日に那覇港に寄港した際、乗客を観光施設に案内した。玉城デニー知事は同日の記者会見で、寄港したダイヤモンド・プリンセス号から「2679人が下船した可能性がある」と明らかにした。
 同船は那覇港に約9時間半停泊。県や県ハイヤー・タクシー協会によると、運転手は1日午後、那覇市の那覇クルーズターミナルから本島南部の観光施設まで約40分間、4人を乗せた。4人は、那覇に同日寄港し、現在は横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者で、運転手によるといずれも日本人とみられる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…
  2.  新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が県内でも確認され、高校入試を控える学校現場に緊張感が走ってい…
  3.  石垣島ビール㈱(塩谷篤代表取締役)が14日、「石垣島ライスビール・金波」を発売した。みやぎ米屋㈱(…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る