新型肺炎で学校に緊張感 マスク品薄、受験生不安

コンビニに入荷直後のマスク。「1人1点まで」と注意書きされた=12日、石垣市内のファミリーマート

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が県内でも確認され、高校入試を控える学校現場に緊張感が走っている。学校側は生徒に体調管理とマスクの着用を促しているが、離島の石垣市でもマスクは品薄状態。インフルエンザも流行しており受験生たちは不安を抱える。
 「インフルエンザもコロナウイルスも両方心配」。高校受験を控えたある生徒がこぼした。
 勉強時間は平日で1日7時間、土日には10時間。入試は3月4日から2日間行われる。本番に向け体調管理が何より大事で、毎日マスクを着用しているが、現在、家にあるものは残り少ない。
 新型肺炎の感染拡大も連日報道され、懸念が募る。街中でスーツケースを持った外国人観光客を見ると「あんまり近寄りたくないと思ってしまう」と明かした。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は3日、新型コロナウイルス感染拡大による観光客の激減が響き、2~5月の4カ月間で観光消費額が11…
  2.  県は2日午前、今年9月から開始する国勢調査の実施本部を、企画部統計課に設置した。国勢調査は5年に1…
  3.  沖縄県市長会(会長・島袋俊夫うるま市長)の2020年度第1回総会が3日、県市町村自治会館で開かれた…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る